himajin top
QOOちゃんちの「親ばか家族」

2002年から始めたヨークシャーテリアの愛犬QOOちゃんを始めとするCOCOfamilyの5匹の子供たち
2004.4.1生のELLE・ROY・MIKAN・Cheryy.Pechそして
ジャスとメロン、ナッツの9ヨーキーズと
トイプーバニラ、キャバリアマーブル
犬バカ家族の日記帳です。

ヨーキーズは2018年虹の橋を渡りました。
マーブル R1.11.27虹の橋を渡りました。
バニラR2.8.30 虹の橋を渡りました。
たくさんの思い出詰まってるこのblog

現在メロン15歳 アトム14歳 2代目QOO2歳
ビジョンフリーゼ ロイ 1歳
ヨークシャーテリア ルル 1歳

番犬のMIXクマ 推定年齢17歳 
スピッツのラッキー 年齢18歳

ワチャワチャ賑やか🎵

目次 (総目次)   [次の10件を表示]   表紙

2010-07-20 すずめの涙・・・。
2010-07-14 お花
2010-07-06 七夕さま
2010-07-05 地震
2010-06-27 知らなかったこと
2010-06-22 恐山 薬研
2010-06-21 仙台のマーブル
2010-06-19 北海道限定
2010-06-14 ブラックワンの公開ドッグトレーナー 
2010-05-19 親友からサプライズ


2010-07-20 すずめの涙・・・。

二度あることは三度あるというけど
一度あって数十分後に二度あった・・。

日中車で走行中
マヌケな、すずめがフロントガラスに自らぶつかってきた。
自殺行為だよ・・。
危ない
危ない・・ぶつかる!と、思いながらも・・ゴツンとぶつかってコロコローンと
落ちてしまった(泣)
バックミラーで後方を確認したら・・道路に倒れていた・・。
ごめんなさい。すずめさん・・。



それから数十分後の出来事。

また同じように
すずめがフロントガラスにぶつかってきた!
ゴツンとぶつかってコロコローンとボンネットへと落ちて行くのを見た。
またか!と思い車を止め降りて見たが
ぶつかったすずめが居ない。
どこに行ったのかな?・・・車の下を覗き込んでも居ないので
きっと復活して飛んで行ったのだろうと思って車に乗り込もうとしたとき!!
ワイパーの間に無残な姿で亡くなっているすずめを発見!

悲しい・・悲しい過ぎる・・。
私は、すぐにウッディに連絡をしようと思ったが仕事中だと考え
あゆあゆに連絡した。
大変だ!すずめの涙!今いくから待ってて!とメールした。
悲しいけど・・すずめちゃんをワイパーに乗せながら
あゆあゆのもとへ車を走らせました。
意味のわからん、あゆあゆは、私の連絡を待って私の来るのを待っていた。

あのさ〜・・すずめ取ってちょうだい!
なすて?
なしたの?ワイパーにいるんだけど・・。

ひぇ〜〜〜!なしてこったらごとになってらのさ??と言いつつも
ほうき片手に取ってやる気合十分のあゆあゆ。

ひぇ〜ひぇ〜!言いながらも、ホウキですずめの死骸と悪戦。
力が強すぎて
すずめの死骸がドンドンワイパーの奥へと入ってしまい・・。

なんでこっだらごとやらせるんだっきゃ〜!と言いながらも・・。
ようやく、すずめさんを取ってもらえた。


姉御肌のあゆあゆさん。ありがとう。
ウッディと三人でこれからも仲良くいきましょ。

先頭 表紙

2010-07-14 お花

可愛いらしい私の大好きな黄色のお花が詰まったバスケットが
届きました。

私・・誕生日でもないけど・・
今日は何の日だったかな??

ウッディからのサプライズ!

ウッディありがとう!


先頭 表紙

2010-07-06 七夕さま

7月7日は七夕さま。
一年に一度の夜に(夏彦)彦星さまと織姫さまが会える日。
恋人同士かと思っていたら夫婦だったようです。
織姫さまの仕事は「機織り」で、天の川の西岸に住んでた。美しく機織りが上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれるくらい素晴らしいものだった。
(夏彦)彦星さまの職業は「牛飼い」で働き者で天の川の東岸に住んでたの。
牛飼いっていうのは、コレ、知らなかったゎ〜。
二人が一緒になって夫婦になるんだけど・・。


なんでこの夫婦離れ離れにされちゃったんだろうね・・。
そう今風にいうと
この夫婦とっても仲良しでラブラブなんです。
二人で一緒に居て楽しいし離れたくないくらい愛し合っていたんです。

織姫は機を織らなくなり
彦星さまは牛を追わなくなった。
仕事をしなくなってしまったんだよね。(爆)

天帝は怒ってしまって、二人を天の川を隔てて引き離してしまうんだけど
年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。

でも・・・
7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができなくなってしまうことから
この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれ催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。

うわ〜〜!!
雨が降ると会えないんだ・・会えなくて悲しくて涙を流す・・
辛いゎ・・悲しいゎ・・。


7月7日・・雨じゃないといいよね。


今でも2人は、7月7日に会えるのを楽しみにして、天の川の両岸でまたたいているとのことです。

短冊に願いを込めて・・・。

先頭 表紙

2010-07-05 地震

7時頃地震があった。

震源地は岩手沖震度4
八戸は震度3だったようです。

一目散にCOCOはゲートを飛び越え一階へダッシュし逃げた!

我子を置いて我自分だけ・・・・


なんて薄愛な母犬だろうか・・。

一階へ逃げ出していったCOCOを連れて戻ったとき

COCOの5匹の子供たちエル、ピーチ、みかん、チェリー、ROYは
地震でビックリしてポカーーんとしてたけど
COCOを見るまなざしが少々軽蔑しているように見えていたような・・
今日から母犬を見る目が変わるだろうな・・(汗)

こういうとき性格が見えるよね〜。。
それは人間も一緒だったりしてね。


先頭 表紙

2010-06-27 知らなかったこと

支所に行くことが多いこともあり
私はよく足を止め掲示板を見ます。
条例、規則、告示等の公布や都市計画懇談会のお知らせ物件等が公表がされているのですが今回初めて里親募集の告示を目にしました。

キャバリア
シーズー他の里親募集。
ショッピングセンターの広い駐車場の一角で里親募集をしているのは
あります。が
支所の掲示板で里親募集の呼びかけか。

へぇ〜〜と思った。この掲示板を目にした方によって新しい家族を
待ち望んでいる犬たちがいます。

早く優しい家族のもとで幸せな生活が送れたらいいなって
思いました。


先頭 表紙

2010-06-22 恐山 薬研

先週ですが恐山行ってきました。
恐山に辿り着くまでの間に何体のお地蔵さんを目にしたことか・・。
「あなたの知らない世界」の入り口です。

あんまりそういうところに行かないほうがいいよ。
行って背中に背負ってきたらどうするの?と
言われたこともありましたが
でもせっかく、むつに来たのだからと立ち寄ってみたのです。

やっぱり怖かった。
翌朝
首が痛くて回らなかった・・・
もしかして・・・背負ってきたか?と頭の中で過ぎりましたが
きっと寝相が悪くて寝違えたんだろうと思うことにしました。
バンテリンを塗り捲って終了。


先頭 表紙

2010-06-21 仙台のマーブル

仙台から便りが届きました。
マーブルは抜け毛がひどく、QOOッパは
650円の洋服を見つけてマーブルに着せて写メを送ってきた。

思ってのほか意外にも毛艶もよくキレイでお手入れもされているマーブルの画像。
家では気が向いた時しかシャンプーはしていないと思われ
10日に一度のシャンプーとトリミングに連れていくらしいゎ・・。


先頭 表紙

2010-06-19 北海道限定

北海道限定の「バゴン焼きそば」をあゆあゆからご馳走になりました。
ウッディと分け合って食べて〜と頂いたのですが、一人で頂きました。
ソースは薄味で、旨かったよん。
ウッディには、美味しかったとだけ報告!


先頭 表紙

2010-06-14 ブラックワンの公開ドッグトレーナー 

今日は下田イオンのブラックワンで公開ドッグトレーナーがありました。
ブラックワンのスタッフでもあるドッグトレーナーのコウスケさんと
愛犬のボーダーコリー。

しつけのことに関し聞いて頭では、わかってるつもりだけど
トレーナーさんから離れさて家で実行できるかといえば
なかなか上手くいかなかったり独断的判断で飼い主の甘えも出て
なかなかコントロールするのは難しく困難にぶつかることがあると思う

店の前の広場では愛犬と一緒に来てる人が目立ち
一緒に学ぶ、学んでいこうという人でいっぱいでした。
店内では、犬猫をモチーフにした雑貨を求める人で日曜日のイオンだけあって
人・人でした。


人・人といえば今朝の我が家の家の前の風景。
クマの人気は衰えることを知らず
近所のワン飼いの人で集まる集まる・・。
しまいには家の前で座り込み、長居する人まで・・
クマをナデナデして通り過ぎて行く人。小学生。
買い物帰りの奥さん
おやつを与えていく人。
散歩へ連れってくれる人。寒かろうと毛布をかけていく人。
クマは朝5時に散歩に連れて行くけど
近所の人が七時ころまた連れってくれる。
入れ替わり立ち代りで散歩に連れってもらってるようだ。

クマは得してるよね
まるで我が家の前は朝市のような風景だ。


先頭 表紙

2010-05-19 親友からサプライズ

昨年行った横浜町の菜の花を今年も親友と見に行ってきました。
この時期になれば毎年一緒に訪れたい場所。
現地に着くやサプライズを企画してくれていまして
タケコプターならぬヘリコプターが用意されておりました。

実は私
大変な高所恐怖症で、せっかくのサプライズなプレゼントに大変在り難く
嬉しくも思い・・
操縦士が乗り込み着々と準備が進められている中で、その場から逃げ出したい気持ちと、ちょっとこれはありがたいけど困ったなという気持ち。
その場の空気からして拒否るわけにもいかない状況になっておりました。

これはもう・・・
操縦士に命預けるしかないな・・
もし・・ヘリコプターが落ちてしまったら・・と一瞬頭の中でそんなことも
よぎったりもしましたが。
そんなときでも冷静さを失わない自分があったりして。
腹をくくってヘリコプターに乗り込んだのでした。


上空から見下ろす、眩しいくらいのまっ黄色の菜の花畑の絨毯
をの景色に感動して高所恐怖症はどこへやら。
一言では、言い表せないくらい全てに感動しました。

お互い尊敬し合い良き相談者でもあり理解者でもある。
人生にとって二人といらないたった一人の私のパートナー。
親友の粋な計らいに感謝します。


先頭 表紙


[次の10件を表示] (総目次)