himajin top
まりんの「徒然日記」

ふりぃのかうんた
ふりぃのかうんた

目次 (総目次)   [次の10件を表示]   表紙

2024-03-23 ARGYLLE アーガイル(Argylle)
2024-03-23 12日の殺人(La nuit du 12)
2024-03-23 対峙(Mass)
2024-03-23 対峙(Mass)
2024-03-21 12日の殺人(La nuit du 12)
2024-03-18 マダム・ウェブ(Madame Web)
2024-03-11 DOGMAN ドッグマン(Dogman)
2024-03-11 アバウト・ライフ 幸せの選択肢 (Maybe I Do)
2024-03-07 ロッタちゃん はじめてのおつかい (Lotta 2 - Lotta flyttar hemifran)
2024-03-07 落下の解剖学 (Anatomie d'une chute)


2024-03-23 ARGYLLE アーガイル(Argylle)

『ARGYLLE アーガイル(Argylle)』

製作年 2024年
製作国 イギリス・アメリカ合作
配給 東宝東和
監督 マシュー・ボーン
キャスト
エリー・コンウェイ/ブライス・ダラス・ハワード
エイデン/サム・ロックウェル
リッター/ブライアン・クランストン
ルース/キャサリン・オハラ
アーガイル/ヘンリー・カビル

裏切りの連続…と言って良いのか…?🤔
過程を知らずにすっ飛ばした結果から始まっているのです。
味方は敵で、かと思ったら実は…って展開が忙しい。

顔が長い…と思ったらキャラクターで。
頼もしいのか頼りないのか分からない人が唯一の味方…って訳でも無かったし。

でもエリーのドレス姿はなんか違った。
もっと似合うメイクありそうだけど。

先頭 表紙

2024-03-23 12日の殺人(La nuit du 12)

『12日の殺人(La nuit du 12)』

製作年 2022年
製作国 フランス
配給 STAR CHANNEL MOVIES
監督 ドミニク・モル
キャスト
ヨアン/バスティアン・ブイヨン
マルソー/ブーリ・ランネール

2013年5月にフランスのセーヌエマルヌ県ラニー・シュル・マルヌで起きた未解決事件が元になっているそうで、勿論解決しない事は分かっていたのですが、解決して欲しかった…

生きたまま焼く…なんてアブノーマルな事、マニアだったら繰り返しそうだし、違うなら余程の恨みがあったって事でしょ。

今も情報提供を求めているみたいなので、何かをきっかけに解明すると良いなぁ…

刑事にはそれぞれ忘れられない事件が有るらしく、ヨアンにとってはコレがそれになる。しんどい仕事よね…
頑張って下さい🙏

先頭 表紙

2024-03-23 対峙(Mass)

『対峙(Mass)』

製作年 2021年
製作国 アメリカ
配給 トランスフォーマー
監督 フラン・クランツ
キャスト
リチャード/リード・バーニー
リンダ/アン・ダウド
ジェイ/ジェイソン・アイザックス
ゲイル/マーサ・プリンプトン

加害者の親と被害者の親。
我が子を失ったのは同じなんだけど、加害者の親…に課せられる物は重いよね。
幸せになる事は許されない…空気がある。
持って生まれた狂気なのか、育て方なのか…
子育てに正解があるなら教えて欲しいけど、愛情持って接し、見守り、幸せを願って育てたはずなのに。
誰もそう育てたくて育てた訳じゃ無いのに。

どちらも辛いし、答えがあるなら欲しい。
それが凄く分かる。
当たり障りの無い会話。
遠慮がちに踏み込んでいく感じ。
溢れる言葉。
分かるんだ…だから…ラスト良かった。

君が生きた証Rudderlessを思い出す。

先頭 表紙

2024-03-23 対峙(Mass)

『対峙(Mass)』

製作年 2021年
製作国 アメリカ
配給 トランスフォーマー
監督 フラン・クランツ
キャスト
リチャード/リード・バーニー
リンダ/アン・ダウド
ジェイ/ジェイソン・アイザックス
ゲイル/マーサ・プリンプトン

加害者の親と被害者の親。
我が子を失ったのは同じなんだけど、加害者の親…に課せられる物は重いよね。
幸せになる事は許されない…空気がある。
持って生まれた狂気なのか、育て方なのか…
子育てに正解があるなら教えて欲しいけど、愛情持って接し、見守り、幸せを願って育てたはずなのに。
誰もそう育てたくて育てた訳じゃ無いのに。

どちらも辛いし、答えがあるなら欲しい。
それが凄く分かる。
当たり障りの無い会話。
遠慮がちに踏み込んでいく感じ。
溢れる言葉。
分かるんだ…だから…ラスト良かった。

君が生きた証Rudderlessを思い出す。

先頭 表紙

2024-03-21 12日の殺人(La nuit du 12)

『12日の殺人(La nuit du 12)』

製作年 2022年
製作国 フランス
配給 STAR CHANNEL MOVIES
監督 ドミニク・モル
キャスト
ヨアン/バスティアン・ブイヨン
マルソー/ブーリ・ランネール

2013年5月にフランスのセーヌエマルヌ県ラニー・シュル・マルヌで起きた未解決事件が元になっているそうで、勿論解決しない事は分かっていたのですが、解決して欲しかった…

生きたまま焼く…なんてアブノーマルな事、マニアだったら繰り返しそうだし、違うなら余程の恨みがあったって事でしょ。

今も情報提供を求めているみたいなので、何かをきっかけに解明すると良いなぁ…

刑事にはそれぞれ忘れられない事件が有るらしく、ヨアンにとってはコレがそれになる。しんどい仕事よね…
頑張って下さい🙏

先頭 表紙

2024-03-18 マダム・ウェブ(Madame Web)

『マダム・ウェブ(Madame Web)』

製作年 2024年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
監督 S・J・クラークソン
キャスト
キャシー・ウェブ/マダム・ウェブ/ダコタ・ジョンソン
ジュリア・コーンウォール/シドニー・スウィーニー
マティ・フランクリン/セレステ・オコナー
アーニャ・コラソン/イザベラ・メルセド
エゼキエル・シムズ/タハール・ラヒム
オニール/マイク・エップス

頭がおかしくなりそう…が良く分かる。
何がリアルで何が予知なのか分からない状況キツい。

彼の悪夢も予知だったんだろうけど、藪をつつかなかったら蛇も出なかったかもと思うし、どっちが先か…的な感じ。

アレだけのシステム使いながら潜り抜けられるの甘いし、盗難車はもっと早い段階で追跡されないかな?
指名手配とか、すぐされそうだけど。
防犯カメラ普及されてない時代なのか。

設定は甘々なんで、そこ気になっちゃったら楽しみにくいかなぁ。

先頭 表紙

2024-03-11 DOGMAN ドッグマン(Dogman)

『DOGMAN ドッグマン(Dogman)』

製作年 2023年
製作国 フランス
配給 クロックワークス
監督 リュック・ベッソン
キャスト
ダグラス/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
エヴリン・デッカー/ジョージョー・T・ギッブス

流石Luc Bessonだなぁ。
とにかく
痛々しいダグラスの見せ方が凄い。

Caleb Landry Jonesがすごく良かったですよね!
彼の運命が本当に無慈悲で辛いんだけど、優しくて。
犯罪に手を染めても優しくて。
そして犬たちの適材適所な使い方が、ニクい。
可愛いし、格好良いし、実際対峙したら絶対怖いし、でも必死に寄り添う姿が本当…切ない。

ラスト、Dr.の窓の外に座る犬が美しかった。
彼女によく似合う。

残酷で悲惨な内容なんだけど、確かに救いはあって、エンディングで流れる曲が、凄く優しくて、優しい映画がだったなぁ…と思う。

先頭 表紙

2024-03-11 アバウト・ライフ 幸せの選択肢 (Maybe I Do)

『アバウト・ライフ 幸せの選択肢 (Maybe I Do)』

製作年 2023年
製作国 アメリカ
配給 AMGエンタテインメント
監督 マイケル・ジェイコブス
キャスト
グレース/ダイアン・キートン
ハワード/リチャード・ギア
モニカ/スーザン・サランドン
ミシェル/エマ・ロバーツ
アレン/ルーク・ブレイシー
サム/ウィリアム・H・メイシー

う〜ん…何だろう。台詞柄あまりしっくりこない。
脚本なのか訳なのか…
両家の両親は滅茶苦茶豪華だけど、彼の好きだけど結婚はしたくない…の強い思いがあやふやだし、彼女の憧れの夫婦の両親…も伝わるエピソードが無いと…
パパは不倫してるし、ママは不満を抱えてた訳じゃない?

あの年齢になると、これも不倫なのか…
そして、離婚とかって話にはならないの?

ただ冷淡に夫婦を続け、快楽はそれぞれが外に求める…が夫婦の未来じゃ、そりゃ子供は結婚したいと思えなくなるなぁ。

先頭 表紙

2024-03-07 ロッタちゃん はじめてのおつかい (Lotta 2 - Lotta flyttar hemifran)

『ロッタちゃん はじめてのおつかい (Lotta 2 - Lotta flyttar hemifran)』

製作年 1993年
製作国 スウェーデン
配給 エデン
監督 ヨハンナ・ハルド
原作 アストリッド・リンドグレーン
キャスト
ロッタ/グレテ・ハブネショルド
ミア/リン・グロッペスタード
ヨナス/マルティン・アンデション
ママ/ベアトリス・イェールオース
パパ/クラース・マルムベリー
ベルイさん/マルグレット・ベイベルス

5歳かぁ。中々に厄介そうな女の子だけど、「長くつ下のピッピ」の作者が描く女の子だもんね、一筋縄じゃいかないわよね。
兄と姉が居る末娘…って環境が、ウチと一緒で、ウチの中々な妹を思い出しました。
明るい家庭的なママと、優しいけど頼りないパパ。
兄姉は仲良しで、いつも置いてかれてる気分かな?
だけど仲良し家族よね。
あの自己肯定力は羨ましい。

今見ても面白いわ。

ロッタちゃんは決して「はじめてのおつかい」には行かないんだけど、どうしてもこの邦題付けたかったんだね。原題は「引越し」なんだけどね。

先頭 表紙

2024-03-07 落下の解剖学 (Anatomie d'une chute)

『落下の解剖学 (Anatomie d'une chute)』

製作年 2023年
製作国 フランス
配給 ギャガ
監督 ジュスティーヌ・トリエ
キャスト
サンドラ/サンドラ・ヒュラー
ヴィンセント/スワン・アルロー
ダニエル/ミロ・マシャド・グラネール

家族…妻を疑うのは状況的には仕方ないけど、酷よね…裁判の相手が本当憎らしく思える。
決定的な証拠は無いに、あんなに追い詰められるものなの?
最後の録音はやらせっぽい。遺書的な感じ。
やっぱり病的。
山荘とはいえ、会話も困難になる大音響で音楽を聞くのも迷惑だし来客中に大人気ない。
録音も、冷静に話そうと努めるサンドラを何とか怒らせようと女々しく女々しく過去を掘り返す。
わ〜面倒くさい男。
それでも、息子に対して発した言葉は、愛だったんだろうな。

私が死んでたら、勿論旦那が疑われるだろう。
父が死んでいた時、母は疑われたのかな。状況的に無理と判断されたかな…

先頭 表紙


[次の10件を表示] (総目次)