himajin top
まりんの「徒然日記」

ふりぃのかうんた
ふりぃのかうんた

目次 (総目次)   [次の10件を表示]   表紙

2017-08-21 スパイダーマン:ホームカミング(原題 SPIDER-MAN: HOMECOMING)
2017-08-19 歓びのトスカーナ(原題 LA PAZZA GIOIA) と ブランカとギター弾き(原題 BLANKA) と 夜明けの祈り(原題 LES INNOCENTES)
2017-08-16 少女ファニーと運命の旅(原題 LE VOYAGE DE FANNY) と ビニー/信じる男(原題 BLEED FOR THIS)
2017-08-04 朝日が昇るまで(原題 DISTANCIAS CORTAS) と 海の彼方(原題 海的彼端)
2017-08-03 アンシーン/見えざる者(原題 THE UNSEEN) と ウィッチ(原題 THE VVITC)H
2017-08-01 2017年7月にスクリーンで見た映画
2017-07-28 シークレット・オブ・ハロウィン(原題 BOYS IN THE TREES) と 偽りの忠誠 ナチスが愛した女(原題 THE EXCEPTION)
2017-07-27 タンナTanna と サイバー・リベンジャー(原題 I.T.)
2017-07-27 キング・ホステージ(原題 ARSENAL) と ダイ・ビューティフル(原題 Die Beautiful) と バーニー・トムソンの殺人日記(原題 THE LEGEND OF BARNEY THOMSON)
2017-07-25 ハンズ・オブ・ストーン(原題 HANDS OF STONE) と 君はひとりじゃない(原題 CIALO) と フィアー・インク(原題 FEAR, INC.)


2017-08-21 スパイダーマン:ホームカミング(原題 SPIDER-MAN: HOMECOMING)

『スパイダーマン:ホームカミング(原題 SPIDER-MAN: HOMECOMING)』

製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズ
監督 ジョン・ワッツ
原作 スタン・リー 、 スティーヴ・ディッコ
脚本 ジョナサン・ゴールドスタイン 、 ジョン・フランシス・デイリー 、 ジョン・ワッツ 、 クリストファー・フォード 、 クリス・マッケナ 、 エリック・ソマーズ
キャスト
Peter Parker / Spider-Man /トム・ホランド
Adrian Toomes / Vulture /マイケル・キートン
Michelle /ゼンデイヤ
Happy Hogan /ジョン・ファヴロー
Aaron Davis /ドナルド・グローヴァー
Anne Marie Hoag /タイン・デイリー
May Parker /マリサ・トメイ
Flash/ トニー・レヴォロリ
Liz /ローラ・ハリアー
Ned /ジェイコブ・バタラン
Tony Stark / Iron Man /ロバート・ダウニー・Jr

若者を導こうとするスタークの未熟さが良く分かる。
でも気持ちは分かるのよ。
今しか無い高校時代。青春。それをちゃんと楽しむべきだと言う気持ち。

だけど、部活より、サークルより楽しい事を見つけてしまった。
追試や大好きな女子とのパーティより優先する物を見つけてしまった。

スーツが有る時は持て余していた正義感だけど、スーツを失っても止まらない。皮肉だけど。

うん。でも、やっぱりスタークと同じ。今じゃないと思ってしまう。
でもいずれは・・よね。
その時を楽しみにして居よう。

地位を得て頼もしい筈がちょっと抜けているスタークが、高校生を男の子を導こうとしている姿は、CHARLIE BARTLETTみたいでちょっと切ない。

つっこみ 先頭 表紙

2017-08-19 歓びのトスカーナ(原題 LA PAZZA GIOIA) と ブランカとギター弾き(原題 BLANKA) と 夜明けの祈り(原題 LES INNOCENTES)

『歓びのトスカーナ(原題 LA PAZZA GIOIA)』

製作年 2016年
製作国 イタリア=フランス
配給 ミッドシップ
監督 パオロ・ヴィルズィ
脚本 フランチェスカ・アルキブージ 、 パオロ・ヴィルズィ
キャスト
Beatrice Morandini Valdirana /ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
Donatella Morelli /ミカエラ・ラマッツォッティ
Dottoressa Fiamma Zappa /ヴァレンティーナ・カルネルッティ
Dottor Giorgio Lorenzini /トンマーゾ・ラーニョ
L'avvocato Pierluigi Aitiani /ボブ・メシーニ
Torrigiani dei Servizi Sociali /セルジョ・アルベッリ

ベアトリーチェの虚言は、根に有る設定は真実なのよね。そこは凄いんですけど、話を大きく空想で作り上げなければいけなかった環境を思うと、切ない。
大きなお屋敷で独りぼっちだったのかな・・
世話をやくのは必要とされたいからよね。

ドナテッラの過去はね、我が子が絡むと女は強くもなるし弱くもなる。
傷付けたい訳ない。ただ今の息子に触れて、何が楽しくて、何が悲しくて、ほんのちょっと、彼の人生を見守っている自分が居る事を示したいだけ・・
そんな彼女の喜びと動揺が凄く良く伝わって来た。
そしてそれを阻止しようとしたり、ハラハラしながら見守る善良な養父と養母。
凄く良い家庭で育っている。それが分かって。
やっと前に進める。

イカレていて、痛々しい、タイプも年齢も正反対の女性二人の友情が良いです。

『ブランカとギター弾き(原題 BLANKA) 』

製作年 2015年
製作国 イタリア
配給 トランスフォーマー
監督 /脚本 長谷井宏紀
キャスト
Blanka /サイデル・ガブテロ
Peter /ピーター・ミラリ
Sebastian/ ジョマル・ビスヨ
Raul /レイモンド・カマチョ

ピーター・ミラリは、本物の路上のギター弾きなのだそうです。良い味わいを出していました。
出演者の多くは路上でスカウトしてそのまま演じたそうで、リアリティが有ります。

彼方此方に孤児が沢山居て、子どもの生きる術は窃盗で。
だけど、そうじゃ無い生き方を望んでも居る。
大人も、子どもも。生きるのに必死で、切なくなる。

『夜明けの祈り(原題 LES INNOCENTES) 』

製作年 2016年
製作国 フランス=ポーランド
配給 ロングライド(提供:ニューセレクト=ロングライド)
監督 アンヌ・フォンテーヌ
原作 フィリップ・メニヤル
脚本 サブリナ・B・カリーヌ 、 アリス・ヴィヤル 、 アンヌ・フォンテーヌ 、 パスカル・ボニゼール
キャスト
Mathilde Beaulieu /ルー・ドゥ・ラージュ
Maria /アガタ・ブゼク
Mère Abesse /アガタ・クレシャ
Samuel /ヴァンサン・マケーニュ

雪に覆われた孤立した山奥の修道院で、厳格に生きている修道女たち。
とても暗く地味で、そして美しい。
信仰は、強い信念を育むけれど、時に大きな足かせとなる。

戦争の度に、時代に関わらずこの手の被害は起きていて、昔は攻略した街の金品も食料も女も全て勝者側の戦士へのご褒美にされていて、戦闘の舞台にされた町の住民は本当に迷惑だったんですよね。
戦下で精神状態がおかしくなっていたとしても、女性を自分たちの欲望を満たす道具としか考えられないような戦士に勝って国に帰る資格は無いですから。

修道女ですよ。彼女たちが何を捨て、何を守っているのか。
一番汚してはいけない物を踏みにじった。
それでも信仰に答えを求めるのは苦しい。
あの状況で、それぞれの道に分かれた彼女たちの行く道。
本当に、様々でしたねぇ。

つっこみ 先頭 表紙

2017-08-16 少女ファニーと運命の旅(原題 LE VOYAGE DE FANNY) と ビニー/信じる男(原題 BLEED FOR THIS)

『少女ファニーと運命の旅(原題 LE VOYAGE DE FANNY) 』

製作年 2016年
製作国 フランス=ベルギー
配給 東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
監督 ローラ・ドワイヨン
原作 ファニー・ベン=アミ
脚本 ローラ・ドワイヨン 、 アン・ペイレニャ
キャスト
ファニー /レオニー・スーショー
エリカ/ ファンティーヌ・アルドゥアン
ジョルジェット/ ジュリアーヌ・ルプロー
ヴィクトール /ライアン・ブロディ
ディアヌ/ アナイス・マイリンゲン
ラシェル /ルー・ランブレヒト
モーリス /イゴール・ヴァン・デッセル
ジャック /リュシアン・クーリイ
マリー /マロン・レヴァナ
マダム・フォーマン /セシル・ドゥ・フランス
ジャン/ ステファン・ドゥ・グルート
エリー /ヴィクトール・ムートレ

あの時代、こういう物語が沢山沢山有ったのだろう。人の数だけ。
そして、あの時代にナチスに屈しなかったこの時代のスイスが私は大好きなの。一番行ってみたい国なの。

子供を守る為に支援者の施設に子供を預け、ユダヤ人の親たちはどんな末路を辿ったのか‥
不安で、疲れ果て、行くべき場所も解らず、頼る相手も居ない。そんな子供たち。
皆が必死で手を取り離さないように寄り添って。・・健気で、痛々しくて、弱くて、強くて。

命懸けで子供たちを守った支援者がいたこと、協力出来ない・・と言いながら見逃し手を貸してくれる一般市民たちの優しさが嬉しい。
保身の為に情報を売る人たちも哀しい。

きっと、たどり着けなかった子供たちも沢山居たんだろう。守ったが故に命を落とした大人たちも。
そう言う話を、たくさん残して下さい。
私達が道を誤らない為に。戦争を、仕方が無いなんて言わない為に。


『ビニー/信じる男(原題 BLEED FOR THIS)』

製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
監督/脚本 ベン・ヤンガー
キャスト
ビニー・パジェンサ /マイルズ・テラー
ケビン・ルーニー /アーロン・エッカート
ルイーズ・パジェンサ /ケイティ・セイガル
アンジェロ・パジェンサ /キアラン・ハインズ
ルー・デュバ /テッド・レヴィン


あんな、一番良い時に全てを失う事故に有ったら、そりゃあ、諦めきれないですよね‥
それでも諦めるのが普通の人ですけど、彼は違った・・そう育ててしまった事を悔やんだお父さんの気持ちが凄く良く分かって辛かった。
ただ、生きていてくれれば良いよね。チャンピオンじゃなくても。親としては。
最初から試合を見られないママの気持ちも凄く解る。どこのママも試合見たいのね。
我が子が殴られる所は見たくないよね‥例え勝ったとしても。

無謀だけど、それだけじゃない。ちゃんと地道に慎重に、考えながらのトレーニング。
良いトレーナーに出会って良かった。一人じゃないって、強いね。

観ていて、首が痛くなる気がします。

つい先日Roberto Durán の伝記映画HANDS OF STONEを見たばかりなので、どっちを応援して良いか解らなくなりましたけど。

つっこみ 先頭 表紙

2017-08-04 朝日が昇るまで(原題 DISTANCIAS CORTAS) と 海の彼方(原題 海的彼端)

朝日が昇るまで(原題 DISTANCIAS CORTAS)

製作年 2015年
製作国 メキシコ
配給 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
監督 アレハンドロ・グスマン・アルバレス
キャスト
ルカ・オルテガ
マウリシオ・イサク
ホエル・フィゲロア
マルタ・クラウディア・モレノ

色々と衝撃的です。
彼のルックスもそうですが、彼の住居とか。
そして写真屋のパンク少年パウロのキャラ。
いい加減なようで、実は人情派で。凄く素敵な出会い。
そして、最初遠慮がちだった義弟と、写真を通じて仲良くなって行く様が素敵。
彼が撮影したサッカーシーン、あれは確かに良かった。
女には立ち入れないのか‥いや、あれは妹の性格かな。
私は一緒に撮影旅行行きたい。

海の彼方(原題 海的彼端)

製作年 2016年
製作国 台湾=日本
配給 太秦(提供:木林映画=シグロ)
監督 黄インイク
キャスト
玉木玉代
玉木秋雄
登野城美奈子
玉木美枝子
吉原美佐子
玉木慎吾

個人的に、歴史映画、ドキュメンタリー映画は好きです。年間200本前後見る中で、アジア系の映画は邦画を含めて洋画に比べてみる機会は少ないのですが。

第二次世界大戦終盤の沖縄での陸戦を描いたアメリカ映画は数あります。
日本人の決死の抵抗の恐ろしさは良く語られます。
でも、その戦争で人生を左右された一般人を語った物は見ない。
日本人はあの戦争をタブー視しているし。
私は仕事柄現代の硫黄島なども見ているので、結構生々しくとらえています。

日本の植民地だった台湾から、日本に来た人たち。
終戦後返還され、国籍が曖昧になった人たち。
日本で生きる事を選び、苦労をした玉代お婆ちゃんの子孫たち。
何故彼らが選ばれたか‥のエピソードが印象的でした。
日本で生きる。玉木家のその覚悟を、凄く感じました。
子供たちには台湾語を教えない。日本語で話させる。恐らく強い意志を持ってそうしたのでしょう。
差別やいじめが有った・・それは哀しい歴史。恥じ入るべき歴史。
それを経て、辛い事は沢山有った。でもそれは忘れた。思い出すのは、楽しい思い出だけ。
と言う娘たちの言葉に、強さと優しさを感じます。きっと両親の無言の教えね。

私も全然違う場所だけど島で産まれ育ったので、島の持つ不便さや素晴らしさや過疎化の事は常に思う。
いつか帰るとしたら自分なのではないか‥と言う慎吾さんの複雑な思いも解る気がする。
私も、実家に母が一人で暮らす今、帰るとしたら、私なんじゃないかと思う。
映画館の無い島だから、辛いけど。ライブも無いと辛いけど。

そう。私は慎吾さんをライブで何度も見ている。先月も。
ステージ上でfunnyなMCをするSHINGO☆さんだけど、頭の良い人だと思っていた。
やっぱりそうだったと思った。

テーマは重いかもしれないけどれ、何処か故郷に帰って来たような、我家の親戚の集まりを見ているような懐かしい気持ちにさせてくれる。
そしてカジュアルにリアルに歴史を学ばせてくれる。
そんな良質な映画です。

つっこみ 先頭 表紙

2017-08-03 アンシーン/見えざる者(原題 THE UNSEEN) と ウィッチ(原題 THE VVITC)H

『アンシーン/見えざる者(原題 THE UNSEEN)』

製作年 2016年
製作国 カナダ
配給 ブロードメディア・スタジオ
監督/ 脚本 ジェフ・リドナップ
キャスト
Bob Langmore /エイデン・ヤング
Darlene /カミール・サリヴァン
Eva /ジュリア・セーラ・ストーン

透明人間。
憧れた事がある人もいると思う。
でも、その過程がこんなに苦痛を伴う物だったら、嫌だなぁ‥
徐々に消えていく身体。むき出しの骨や内臓。その痛みは想像できない。
家族の前から姿を消すのも納得よね。
1人悩んでいた娘も可哀想・・でもこれからは寂しくないね。



『ウィッチ(原題 THE VVITC)H』

製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 インターフィルム
監督 ロバート・エガース
キャスト
Thomasin/ アニヤ・テイラー=ジョイ
William/ ラルフ・アイネソン
Katherine/ ケイト・ディッキー
Caleb /ハービー・スクリムショウ
Mercy /エリー・グレーンジャー
Jonas /ルーカス・ドーソン

古い記述を元に造られた映画だそうです。

こうやって、人は魔女を心に生み出し、内側から崩壊して行くのだなぁ‥

思春期の子供をもった家庭ならどこででも起きうりそうなこと。勿論現代でも。
自分の老いと、娘の美しい成長に追い詰められる女心は救いようがない。

つっこみ 先頭 表紙

2017-08-01 2017年7月にスクリーンで見た映画

2017年7月にスクリーンで見た映画
20本でした。

シークレット・オブ・ハロウィン(原題 BOYS IN THE TREES)
偽りの忠誠 ナチスが愛した女(原題 THE EXCEPTION)
タンナTanna
サイバー・リベンジャー(原題 I.T.)
キング・ホステージ(原題 ARSENAL)
ダイ・ビューティフル(原題 Die Beautiful)
バーニー・トムソンの殺人日記(原題 THE LEGEND OF BARNEY THOMSON)
ハンズ・オブ・ストーン(原題 HANDS OF STONE)
君はひとりじゃない(原題 CIALO)
フィアー・インク(原題 FEAR, INC.)
コードネーム:ストラットン(原題 STRATTON)
アメリカン・バーニング(原題 AMERICAN PASTORAL)
ウーナ(原題 UNA)
ハートストーン(原題 HJARTASTEINN)
ヒトラーへの285枚の葉書(原題 JEDER STIRBT FÜR SICH ALLEIN)
コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(原題 YOGA HOSERS)
ボンジュール、アン(原題 PARIS CAN WAIT)
ジョン・ウィック:チャプター2(原題 JOHN WICK: CHAPTER 2)
しあわせな人生の選択(原題 TRUMAN)
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(原題 PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES)

毎月頑張ってスケジュール立てるのに、それでも見こぼす映画が出てくるのよね‥
勿体無い。
今月は帰郷したし、仕方ないか…?ライブは三回しか行ってない・・

先頭 表紙

2017-07-28 シークレット・オブ・ハロウィン(原題 BOYS IN THE TREES) と 偽りの忠誠 ナチスが愛した女(原題 THE EXCEPTION)

『シークレット・オブ・ハロウィン(原題 BOYS IN THE TREES) 』

製作年 2016年
製作国 オーストラリア
配給 カルチュア・パブリッシャーズ
監督 ニコラス・ヴァーソ
キャスト
Corey /トビー・ウォレス
Jonah /ガリヴァー・マクグラス

これって、ダークファンタジー?ホラー?

兎に角、日本ではtrick or treatと、可愛らしい可能イベントとして認識されているような気がしますけど、相当リアルでグロいイベントですよね。

思い思いの仮装で街に繰り出す人たち。
お菓子が欲しい子供たち。悪戯したい大きな子供たち。

摩訶不思議な雰囲気と、仮面のせいか、過去へのお思いが甦り、本音がこぼれ落ちて行く。
なりたくない、嫌な人間になって行く自分。
持て余した思いのやり場を求める思春期。
いつまでも子供じゃいられない、彼らの子供時代との決別の夜。残酷でもどかしいけど、何故か優しい。

喧嘩して、非難して、酷い奴だと思っていたけど、上辺だけの付き合いだと思っていたけど、それでも友達だった。
哀しいけど、ズルいけど、ちょっと感動した。


『偽りの忠誠 ナチスが愛した女(原題 THE EXCEPTION)』

製作年 2016年
製作国 イギリス=アメリカ
配給 クロックワークス
監督 デヴィッド・ルヴォー
脚本 サイモン・バーク
キャスト
Mieke de Jong /リリー・ジェームズ
Capt. Stefan Brandt /ジェイ・コートニー
Kaiser Wilhelm II /クリストファー・プラマー
Heinrich Himmler /エディ・マーサン
Col. Sigurd von Ilsemann /ベン・ダニエルズ
Princess Hermine/ ジャネット・マクティア

戦争下とは言え、あんな出会い方をして女が恋に落ちるかしら?
勿論、作戦としては有効だろうけど。

ナチスドイツの政権下に有ったドイツの良心。
本来のドイツ人の性質・・なのかな。
この先ドイツが進んで行く道を思うととても複雑です。

先頭 表紙

2017-07-27 タンナTanna と サイバー・リベンジャー(原題 I.T.)

『タンナTanna』

製作年 2015年
製作国 オーストラリア=バヌアツ
配給 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
監督 ベントレー・ディーン 、 マーティン・バトラー
キャスト
Dain /ムンガウ・ダイン
Wawa /マリエ・ワワ
Selin /マルセリン・ロフィト
Chief Charlie/ チーフ・チャーリー・カーラ

コレは凄い映画です。
ドキュメンタリーのように思えるのは、出演者がほぼ原住民で、自分の日常を演じているから。
自然が壮大。生活がリアル。

伝統と慣習を重んじて、母なる山の下、島で原始生活をしている彼らは、生活を守り生き残って行くために、復讐より許す事を選ぶ。
そのメッセージ性は大きい。

私は原住民文化が好きなので、凄く興味深かった。
凄く素朴で、単純な生活。思いを歌にし披露し、踊って祈る。
皆で喜び、皆で悲しむ。子供たちは部族皆の子。

恋愛結婚と、政略結婚のどちらが幸せか何か解らない。相手にも依るだろうし。
私は愛が永遠だとは思って居ないし。

でも、引き裂かれる恋人は辛いよね。若者たちを守る為の、大きな変化ね。


『サイバー・リベンジャー(原題 I.T.) 』

製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ツイン
監督 ジョン・ムーア
キャスト
Mike Regan /ピアース・ブロスナン
Rose Regan /アンナ・フリエル
Kaitlyn Regan /ステファニー・スコット
Ed Porter/ ジェームズ・フレッシュビル

甘いですよ!狙われる要素が沢山有る身でありながら、あんなに簡単に自宅のネットワーク任せちゃ駄目でしょ。
危機管理が甘過ぎ・・
私達誰もがその脅威に晒されている訳ですけどね。
お金もコネも無かったらあんな手も打てないし‥怖い怖い。

そして掃除屋さんの仕事っぷりは頼もしいですね。

先頭 表紙

2017-07-27 キング・ホステージ(原題 ARSENAL) と ダイ・ビューティフル(原題 Die Beautiful) と バーニー・トムソンの殺人日記(原題 THE LEGEND OF BARNEY THOMSON)

『キング・ホステージ(原題 ARSENAL) 』

製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 AMGエンタテインメント
監督 スティーヴン・C・ミラー
脚本 ジェーソン・モスバーグ
キャスト

JP/ エイドリアン・グレニアー
Mikey/ ジョナサン・シェック
Eddie King/ ニコラス・ケイジ
Sal /ジョン・キューザック
Lizzie /リディア・ハル
Buddy King/ クリストファー・コッポラ

マイキーとj・pの兄弟の絆がテーマの映画なのですけどね、PRにNicolas Cageを前面に押し出し過ぎですよね。
確かにクレイジーで面妖なチンピラの頭でしたけど。
次に推しているのがサル刑事役のJohn Cusack・・・どちらもメインじゃないですからね?
兄弟の複雑な関係・・・
弟を悪の道から遠ざける為に全てを被ってチンピラになった兄と、兄に守られ、自由に生き成功した弟の兄への言葉に出来ない信頼。
それは凄く良かったです。色々甘いけど。


『ダイ・ビューティフル(原題 Die Beautiful) 』

製作年 2016年
製作国 フィリピン
配給 ココロヲ・動かす・映画社◯
監督 ジュン・ロブレス・ラナ
脚本 ロディ・ベラ
キャスト
Trisha /パオロ・バレステロス
Barbs /クリスチャン・バブレス

コレは、素敵でした。

トランスジェンダーだからこそ、誰よりも美しくあろうとしたトリシャ・エチェバリアの悲しい生き様。
そしてずっとそばに入れ、支えてきた親友バーブスのトリシャの死に化粧を施すと言う晴れ舞台。
元も整って居るとは言え、凄い完成度。
死んだ後の願いを叶えてくれる仲間がいる幸せ。

幸せを諦めているような劣等感。辛い過去。親との決別。
それでも純粋で居続けた、とても魅力的な女性ね。
哀しくて、優しくて、愛おしい映画です。


『バーニー・トムソンの殺人日記(原題 THE LEGEND OF BARNEY THOMSON) 』

製作年 2015年
製作国 カナダ=イギリス=アメリカ
配給 彩プロ
監督 ロバート・カーライル
脚本 リチャード・コーワン 、 コリン・マクラレン
キャスト
Barney /ロバート・カーライル
Cemolina /エマ・トンプソン
Holdall /レイ・ウィンストン
James Henderson /ジェームズ・コスモ
Chief Superintendent McManaman /トム・コートネイ
Detective Inspector June Robertson /アシュレー・ジェンセン
Chris /マーティン・コムストン

連続殺人。バラバラ死体・・と、凄くグロいのに、グロいと感じさせないブラックコメディの手腕。

嫌な奴の筈のバーニー・トムソンすら憎めない。
そしてちゃんと伏線が繋がる作りは上手い。

色々有りますが、結果、バーニー・トムソンはラッキーマンなのです。

先頭 表紙

2017-07-25 ハンズ・オブ・ストーン(原題 HANDS OF STONE) と 君はひとりじゃない(原題 CIALO) と フィアー・インク(原題 FEAR, INC.)

『ハンズ・オブ・ストーン(原題 HANDS OF STONE) 』

製作年 2016年
製作国 パナマ=アメリカ
配給 カルチュア・エンタテインメント
監督 ジョナサン・ヤクボウィッツ
キャスト
Roberto Durán /エドガー・ラミレス
Ray Arcel/ ロバート・デ・ニーロ
Sugar Ray Leonard /アッシャー・レイモンド

実在の石の拳と呼ばれた強打を持つパナマの伝説的ボクサー、ロベルト・デュランの伝記物です。
英語以外の言語を早口に話すEdgar Ramirezがドミノの時から大好きです。
このロベルトの背伸びしている感、好きです。
試合中にコーナーで見せる、優位でも気弱そうな表情も。

アメリカに対する劣等感や嫌悪感。勝利への拘り。
それは多分、黒人選手のシュガーの方も差別や偏見を受けて来なかった訳じゃないと思うけど、そして生み出した先方なんだろうけど、イライラするわ〜あの再選の戦法で来られたら。
勝負はリングの上だけじゃなくて、その前から始まっていて、拳だけじゃなくて、態度や発言や国旗や色々な所で心理戦が行われていて、冷静で居る事、闘志を燃やし続けることの難しさを感じました。

だけど、終わって月日が経ったらいい理解者になる。ライバルだからこそのその感覚は良いですよね。


『君はひとりじゃない(原題 CIALO)』

製作年 2015年
製作国 ポーランド
配給 シンカ
監督 マルゴスカ・ズモウスカ
脚本 マルゴスカ・ズモウスカ 、 ミハウ・エングレルト
キャスト
Attorney /ヤヌーシュ・ガヨス
オルガ /ユスティナ・スワラ
アナ /マヤ・オスタシェフスカ

首つり自殺は発見者のトラウマになるので、止めて欲しい。身内が発見者の場合は特に、救いようがない。
娘のオルガは、母の死で摂食障害になったけど、パパも大量の胡椒の味で食べ物を飲み込む・・と言う行為は、心因が有りそうですよね。
職業柄、死に何も感じないのは楽ではあるでしょうけど。
アナの治療がどこまで真実なのか‥
本当に、返事が来るなら、私も紙とペンを入れておくわ。・・・と思うけど。
ただ、身内の死で霊感が芽生えるってのは分かるんだな。
彼女の能力が本物かどうかは兎も角、誰よりも失った相手への喪失感や思い出を共有できる相手と、ちゃんと向き合う時間を持てたのは凄く良い治療よね。

病的でいて優しい。ハードで不思議で素朴な良い映画でした。

『フィアー・インク(原題 FEAR, INC.)』

製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ブロードメディア・スタジオ
監督 ヴィンセント・マッシェル
脚本 ルーク・バーネット
キャスト
Joe Foster /ルーカス・ネフ
Lindsey Gains /ケイトリン・ステイシー
Ben Davidson /クリス・マークエット
Ashleigh Davidson /ステファニー・ドレイク



ホラー映画の定番・・って確かに有るから、マニアだったらワクワクするだろうって言うのは凄く解る。
プロフェッショナル過ぎて、怖いわ。
本当に、ああ言うトラブル起きても不思議じゃないでしょう。

ファンタジーだったら、味わってみたいかも。あれだけ周到ならね。

とりあえず、ホラーマニアの友人は要らないと思った。

先頭 表紙


[次の10件を表示] (総目次)