himajin top
みなみの「さぼのーと」

★お買い物ブログ 「こんなものを買った」

↑最近も更新してますよ〜。よかったら読んでね〜。

目次 (総目次)   [次の10件を表示]   表紙

2019-02-13 愛って何かな(プラグとコンセント篇)
2019-02-09 twitter
2019-01-17 亡くなった先生と、フレディ・マーキュリー 映画『ボヘミアン・ラプソディ』
2019-01-16 お葬式
2019-01-14 遅ればせながらあけましておめでとうございまっす。
2018-11-25 またまた近況報告
2018-09-26 近況報告
2018-09-13 メルカリ4−9月収支
2018-08-01 脳が疲れてる
2018-07-24 近況報告 趣味と仕事


2019-02-13 愛って何かな(プラグとコンセント篇)

プラグとコンセント
そのどちらにも愛はある
でも、両方の形が合わなければ
愛は流れない


相手に愛があっても
自分の受け取れる形でなければ
ないものと勘違いしたりする

自分に愛があっても
相手が受け取ってくれる形でなければ
ないことにして引っ込めたりする

愛が流れないあまりの苦しさに
そこに愛はないのだということにして
背を向けて逃げたりする


本当は、愛はちゃんとあるのに


相手のプラグの形を変えることはできない
だから自分のコンセントの形を
変えなくてはいけない
それは時として、とても難しい
自分のこれまでの価値観、常識、理想
そういうものを変えることだから
柔軟さが必要になる


お互いに
自分のコンセントやプラグの形を
変えようと努力して
一瞬だけ繋がっても
また形が変わって
合わなくなってしまったりする


何度も何度も試行錯誤して
そのたびに愛が流れて
そのたびにまた合わなくなって


ただ、何度も愛が流れれば
そこに愛があるということは
信じられるようになる

つっこみ 先頭 表紙

2019-02-09 twitter

もう何年も前。

ひまじんで知り合ったAさんと相互フォローさせてもらってた。
でも私がどうしても接触したくない共通の知人がいて、
Aさんがその人の発言をリツイートすると、
私のタイムラインに表示されてしまう。
それを見ると心が乱されて体調が悪くなってしまう。

その頃、私はミュートやブロックを知らなかったのか
それともTwitterの機能が制限されていて
ミュートやブロックを使えなかったのか
今となってはわからないんだけど、
私はとにかくAさんのフォローを解除するしかないと思って
そうしてしまった。
でもAさんはそうは思わなかっただろう。
自分が敬遠されたと思ったに違いない。

Aさんに一言事情を説明するべきだった。
タイミングを逃してしまった。

つっこみ 先頭 表紙

雅さん>ありがとう。もうAさんは来ないかもしれないなー。でも、それはそれで仕方ないかなって感じです。 / みなみ ( 2019-02-13 21:30 )
私はひまじん仲間であるみなみちゃんが大好きで、だからココに記事を読みに来るの。Aさんもくそうじゃないのかな?当時のみなみちゃんの事情を察してくれてたらいいね。そしてこの記事にも、気が付いてもらえますように。 / 雅(みやび) ( 2019-02-10 22:56 )

2019-01-17 亡くなった先生と、フレディ・マーキュリー 映画『ボヘミアン・ラプソディ』

不思議だな。
素晴らしいタイミングで必要なものが私の前に現れる。
映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、1ヶ月前に、友達に勧められてからずっと観ようと思っていた。
でも、今日観たことに意味があった。
オペラの先生のお葬式の翌日に。

以下、ネタバレ注意。





『ボヘミアン・ラプソディ』の終盤で、フレディ・マーキュリーは、
バンドメンバーに自分がエイズであることを告白する。

「悲劇の主人公になるつもりはない。
 俺が何者かは自分で決める。
 俺はパフォーマーだ」

先生とフレディが完全に重なった。

先生も、自分の残り時間が少ないことを知りながら、
その時々でできる最大限のことを、覚悟を持ち、妥協することなく、
すべてやり尽くした。希望も捨てていなかった。

だって、先生はカルメンを演じるつもりだったのだ。
あんな大作を。

偶然にも、映画の中で、フレディがカルメンのレコードをかけた。
アルバム「オペラ座の夜」から
その中の一曲「ボヘミアン・ラプソディ」を
シングルカットしたいと、
クイーンのメンバーがプロデューサーを説得する場面だ。
しかし交渉は決裂し、彼らはプロデューサーの元を去る。

そのシーンで流れるカルメンのアリア「ハバネラ」は、
恋を、野を飛ぶ自由な鳥に例えた歌だ。
もちろん、クイーンになぞらえているのだろう。

フレディはバンドメンバー、元恋人のメアリー、
新しい恋人のジムという「家族」の愛に支えられて、
パフォーマーとしての人生を全うする。
先生にも、先生をサポートするご家族がいた。
特に奥さんのN先生。
N先生の心の内を想像すると言葉もない。

昨年5月の夫妻のコンサートの前に、N先生が話していたのを忘れない。
「今回のコンサートは、他の歌手には真似のできないプログラムにする。
 オペラ歌手の生き様を見せる。」と。
彼女はまるで死地に赴く侍のようだった。
覚悟を決めていたのだろうなと思う。

自分がオペラ歌手であることの、
そして愛する伴侶を、最期まで、
オペラ歌手であらしめるべく、
それを全力で支えることの。

先生が、最期まで、ペラ歌手、パフォーマーであったのは
N先生の先生に対する、
そして先生のN先生に対する愛があったから。
本当に頭が下がる。





フレディ:「俺はバイセクシュアルなんだ」
メアリー(妻):「あなたはゲイよ」

というシーン、心臓がぎゅーっとなって、痛くて苦しかった……。

その告白の後、フレディとメアリーはぎくしゃくし始め、向かいの家に別居。
夜、メアリーに電話をかけ、窓際で電気スタンドを点滅させるように頼むフレディ。
乞われるままに光で合図を送り合いながら、
フレディは「乾杯しよう。君もそこにグラスを持ってきて」と言う。
メアリーは乾杯するふりをしてため息をつく。
本当にフレディが不器用すぎて切ない。

あと、あれね。フレディは父親に否定されて育った。
要するにこれはアダルトチルドレンの物語なのね。

クイーンが、ライブ・エイド(チャリティコンサート)に出演して、
アフリカの飢餓を助けるために行動すると決めた時、
フレディの父親はフレディのことを初めて受け止める。
あのシーンは感動して、思わず「うっ」と変な声が出てしまった。

ロックが好きだから観たんだけど、
音楽もストーリーは良かったし、
セットやファッションなども魅力的だったし、
自分の内面との思いがけないリンクがたくさんあって、
予想以上に楽しかった。観てよかったです。

つっこみ 先頭 表紙

2019-01-16 お葬式

お世話になっていたオペラの先生が亡くなってしまった。まだ50歳だった。

お葬式はキリスト教式で、賛美歌を歌ったり、
棺の中の先生は、当たり役だったという
蝶々夫人のピンカートンの衣装を身に着けていたりして、
(私がお別れをした時は、もうお花でいっぱいで帽子しか見えなかったけど)
声楽家の先生によく似合うセレモニーだった。

先生と、その奥さん(N先生)が数年前に立ち上げたオペラ団体。
一昨年の秋、私は入団した。
昨年2月の公演で、先生は主役を務めた。
でもそのころ既に体調が悪く
稽古にはほとんど来られず、アンダー(代役)を立てていた。

公演が近づき、やっと会えた先生は、プロフィール写真とは別人のようだった。
心配になるくらい痩せていた。
本番当日、私たち団員を仕切って舞台設営などもしていたが、
本当は舞台に立つのがやっとだったと思う。
体調は悪そうだった。
腰が痛いとベルトをしていた。
その時は整形外科的な痛みかと思っていたけど、真相は違ったのだろう。

公演の準備中、先生が皆に四つ葉のクローバーのしおりをくれた。
先生は四つ葉を見つけるのが得意らしい。
稽古の時とはまた全然違う印象だった。
先生が四つ葉を摘んで、
一つ一つラミネーターで加工しているところを想像した。
素敵な人だなと思った。
もっとこの先生のことを知りたいと思った。

昨年5月、横須賀に先生夫妻のコンサートを見に行った。
コミカルな演技をしながらのアリアは、
さすが夫婦、息がぴったりで、とても楽しかった。
二人の演じる全幕物をどうしても見てみたい。
来年(2019年)の2月、次の公演で舞台の上から見られる。
そう思うと心の底から嬉しく、楽しみだった。

夏の終わりのバーベキューに先生は来なかった。
先生が、自分のお気に入りのキャンプ場を指定したらしいのに。
その前日に先生は倒れていた。

秋口に、N先生は団員を集め、それを知らせて
丁寧なミーティングを開いた。
一時は命の危険すらあったほど先生の状態は悪いということで、公演は無期延期になった。
N先生が一方的に通達するのではなく、
皆の意見を聞き、皆で決める形にしてくれた。

先生が復帰して、一緒の舞台に立てることを、
練習を続けながら楽しみに待った。
まさか亡くなってしまうなんて。

先生の病気はがんだったと、お葬式で初めて知った。

先生に会えたのは、数回しかない。
個人的に話したこともほぼない。
先生は私の顔と名前もよく知らなかったんじゃないかな。
でも、先生が亡くなって、私は自分の父が死んだ時より悲しい。

先生と一緒に次の舞台をする。
それをとても楽しみにしていた。
だからきっとこんなに悲しいんだと思う。
先生と過ごす未来を心の中に持っていたからだ。

舞台は、みんなが一つの目的に向かって力を合わせる、
とても純粋で、とても貴重な、奇跡のような場。
その場に、同じ方向を向いて、一緒にいられたからだ。

美声と絶賛される先生の歌声。
公演の時と、コンサートの時と、2回だけそれを聞けた時、
この声は、元気な時とは程遠いのだろうと感じた。
先生は。
ギリギリまで歌い続けた。
その時その時でできる、最大限のことを、
覚悟をもって、妥協せずに、すべてやり尽くしたのだろう。
そしてH先生はそれを全力で支えたのだろう。

考えてみたら、先生の最後の1年に出逢い、
その歌を2回も聞かせてもらい、
うち1回は同じステージに立たせてもらえたというのも凄いことだ。

先生、
素晴らしい人生を見せてくださって
ありがとうございました。

つっこみ 先頭 表紙

萩さん>そうですね、間に合ったんですね。一緒にやった公演楽しかったです^^ / みなみ ( 2019-01-19 21:43 )
素晴らしい出会いに間に合って良かったです! / 萩 ( 2019-01-16 15:59 )

2019-01-14 遅ればせながらあけましておめでとうございまっす。

12月は第九のコンサート。私にとって2回目の第九本番でした。
本当に華やかできらきらしい演奏会で素敵でした。

マエストロの指揮がすごかった!! 超カッコいい!
めちゃくちゃ楽しい指揮で、ステージの上で何度もニヤニヤしちゃいました。
休憩時間にはみんなでキャーキャーいいまくり。
CDを買うとサインしてもらえるので、楽屋に行ったら、
なんと息子さんの写真を見せてくれたり、一緒に写真を撮ってくれたり、
カッコいいだけでなく、とても気さくな方でした。
ファンになってしまうわー。

しかし、第1楽章〜第3楽章までの1時間ほど、
ステージの雛壇で動かずに座っているのは辛かったです。
前日慣れない登山をして体もすごく疲れてました。
本番前に山登りなんてアホだった。


登山は、幼稚園時代のママ友が登山サークルを作っていて、
そこで誘ってもらいました。
私、本当に持久力がなくて、下りはともかく上りは本当にダメなので、
ママ友が私の荷物を全部持ってくれました。
私たちが山頂まで一往復する間に、走って二往復(!)している男性がいました。
彼に山頂付近で声を掛けられ、話をしたり、写真を撮ったりしました。
東京に用事で行って、新潟に帰宅する途中に寄ったとのこと。
とっても面白い方でした。
ウェアにスポンサーのロゴがたくさん入っていたので、
プロのトレイルランナーだろうなと思っていたら、
ママ友が彼のFacebookを発見。
やはりプロで、国際大会で活躍している方でした。
東京の用事も、トレイルランニングのイベントだったみたい。
普段行かない場所に行くと、面白い人に会えるなー。

1月は新春早々、オペレッタの本番。娘二人と一緒に出演しました。
時間内に3人分の舞台メイクをしなくちゃいけないので大変!
オペレッタは、オペラと違って台詞とダンスがあるので、
ダンスが苦手な私は苦労しました。
歌って芝居していればOK! な、オペラの方が好きです。
でも終わってみたらやっぱり楽しかった。
ステージに段差がなく、客席も300ほどしかない小さな会場だったので、
会場の一体感が素晴らしかったです。
打ち上げも感動的で楽しかった。

そんな感じで楽しくやってます。ひまじんも、時々遊びに来ています。
2019年もよろしくお願いします!

つっこみ 先頭 表紙

ありがとう。楽しいですよ〜。今年もよろしくお願いします! / みなみ ( 2019-01-16 00:33 )
みなみちゃん、前向きに生きてる感じが素敵。今年も充実した一年になりそうですね〜。 / 雅(みやび) ( 2019-01-15 22:26 )

2018-11-25 またまた近況報告

今年は本当にいろんなことがありました。

4月には私の価値観をひっくり返した出来事がありました。人生変わりました。何があったかはナイショ。

8月のオペラ出演はとっても素晴らしかった。あんなに豪華な舞台に立てることはもうないかも。一生忘れられない思い出です。打ち上げもプロの歌手の方々が、他では絶対見られない、ありえないステージを繰り広げてくださって、あまりの豪華さに絶句。
本番前は本当にオペラ漬け、舞台稽古漬けだったので、一気にお腹の肉が減りました。お腹を引き締めて立つし、歌うから。

10月には、行ってきました! ポーランド演奏旅行。
いやぁ、最高だった。ハードさもすごかったけど。ほんとに行ってよかった。これも一生の思い出。昨年12月から体を張って稼いだお金がちょうど旅費になりました。また海外公演行くぞー!!

11月は大波乱でした。7月、8月末にもすごく大きな波があって大変だったんだけどねー。11月の山を越えてびっくりするほど落ち着いた。何があったかはこれもナイショ。ただ、人生の新しいフェイズに入ったことは間違いないです。

遺 跡 発 掘、の仕事を始めてから、あと一週間で丸一年になります。きっつい仕事だけど、楽しく続いてます。

これから2か月半の間に、歌は4回の本番があります。全部違うコンサートなので、当然曲も全部違います。大変です。日独仏伊英、いろんな歌詞で歌わなくてはいけません。苦手なダンスもある! がんばるよっと♡

先頭 表紙

雅さん>えへへ、いろいろ想像してください(笑)。 / みなみ ( 2019-01-16 00:34 )
ナイショ の話を聞きたい〜。あれこれ想像しちゃいます。 / 雅(みやび) ( 2019-01-15 22:28 )

2018-09-26 近況報告

4月からメルカリを全然やっていなかったのは、あまりに忙しくて余裕がなかったからだな。。


物理的にも、精神的にも、いっぱいいっぱい、せいいっぱいで。


8月のオペラの稽古と本番だけでも、かなりすごいスケジュールだったしね。
それから4月に大きな出来事があって、それからずっと忙しかった。その関係で、お盆前と、9月の頭に大きな波が来て、すごく参ったけど、最近ようやく落ち着いてきたところです。


中身がない更新だけど……。それではまた。

先頭 表紙

2018-09-13 メルカリ4−9月収支

取引数 12人(13点)
売上  6710
コスト 
(手数料 671)
(送料 1928)
(仕入 0)
(梱包材 0)
純利益 4111
利益率 約61%

商品は完全に出がらし。新しい物もほとんど投入せず。その割には思ったより売れてました。

先頭 表紙

2018-08-01 脳が疲れてる

なんか最近、疲れが取れません。

体じゃなくて脳が疲れてる。ひどいうつ病をやった私にはお馴染みの感覚。

仕事はこの時期ものすごくハードだけど、ここ1週間くらい休んでいるので、仕事のせいではない。なんだろ?

サプリメント(いわゆるスマートドラッグ)で、頭をシャープにするホスファチジルセリンというのをここ数ヶ月常用しているんですが、ここのところ飲み忘れることが多くて、そのせいもあるかなあ。

岩盤浴に行くと脳の疲れが取れるので、ここ数日行きたかったのだけれど、ちょうど月のリズムと重なってしまってボツ。

しかし、サプリ飲み忘れたから疲れが出てるとしても、そもそも疲れてるってことだから……。だめだぁ。

なにしろ気温が気温なので、全体的に疲れているんですかね。

先頭 表紙

雅さん>今年の夏は本当に暑かったですね。涼しくなってきたけどまだまだ夏の疲れに注意な時期。お互い注意していきましょーね♪ / みなみ ( 2018-09-15 12:01 )
疲れてるよ〜。異常な暑さもかかわってると思う。ワタシも何日かに1回、体が動かなくて家族の食事の支度以外できない日があります・・・。 / 雅(みやび) ( 2018-08-11 15:46 )

2018-07-24 近況報告 趣味と仕事

こんにちは!

気づいたらもう一か月以上も更新してなかった。
たまには書かないとねー。

最近は相変わらず歌に夢中。
合唱サークルは、オペラ×2、オペレッタ、女声3部、混声4部(第九+α)と5つ掛け持ちして、月14日も歌ってます。



★オペラ(1)……ここが私のホーム!! 先生もメンバーも、とってもレベルが高いオペラ団で、ものすごく勉強になります。その分、ついていくのは大変。

★オペラ(2)……行政主催で、なんと完全無料で参加できる驚異のオペラ団。ソリストの顔ぶれ、演出、楽器構成が市民オペラにしては超豪華! 楽しみ! 偶然ですが、オペラ(1)と同じ演目をやるので、その意味でも勉強になります。峠道を片道1時間40分運転して通ってます。

★オペレッタ……昨年、私が初めて入ったオペラ団(本番後に解散)のメンバーによる新プロジェクト。懐かしい面々とまた一緒の舞台に立てる、幸せ(o^―^o) 今月から練習が始まりました。

★女声3部……冬に、市主催の合唱教室に参加。S先生に発声指導を受けたら、それまで全く響いていなかった声がほんの1回で劇的に変わりました。感動!! 教室終了後、S先生に勧誘されこちらに入団。S先生が指揮を執っています。1回レッスンを受けるごとに確実に上手くなるのがわかる! 基礎力向上のためここのレッスンは欠かせません。

★混声4部……初の『第九』に挑戦! あと『ハレルヤ・コーラス』や『青く美しきドナウ』などを練習しています。オペラ(1)がフランス語なので、それに比べたらドイツ語は簡単に思える(そんな気がするだけねw)。春のコンサートではオペレッタの抜粋もやりました。外国のクラシックから日本の歌まで幅広く歌えて楽しいです。指揮の先生がおしゃれなので毎回のファッションチェックも楽しみ(笑) 秋には演奏旅行にも行くよん♪


来月オペラ(2)の本番があるので、それが終わったらそこは辞めます。
それでも月14日は変わらない予定。要するに、オペラ(2)は他の団体と練習日が完全にかぶっているのだ。これじゃさすがに続けられないよね。残念だけど……。



昨年12月に始めた発掘の仕事は今も楽しく続けています。10代のころから20年以上憧れていただけあって、自分にはとても合っているみたい♪ 雇用は安定しないかわりに、いつでも休みたい時に休めるし、当日ドタキャンOKだし、超気楽。屋外での肉体労働なので仕事自体はきついけど、「仕事に行きたくない」と思う日はありません。出勤した日は、Twitterで毎日日誌を書いています。


あと先月から新しいSNSを始めました。新しい知り合いもできて楽しいです。FBやインスタにログインする頻度減っちゃった(;´∀`) まいっか。


そんな感じで、元気にやっています。
次は1か月も経たないうちに更新したいな。

それではまた!

先頭 表紙


[次の10件を表示] (総目次)