himajin top
ヒポコトリの「書を捨てないで 町へ出る」


今日
昨日  since20030313

はじめまして    chCCygEPcF

目次 (総目次)   [次の10件を表示]   表紙

2023-01-23 Paint it black 虐待 退職
2023-01-11 入院を経て
2023-01-03 流産しましたので
2022-12-16 妊娠した
2022-06-21 近況
2021-10-18 癌じゃ無かった
2021-10-13 今日はMRI
2021-10-04 のその後
2021-09-11 悪い知らせ
2020-09-12 これ書いたらちょっと楽になった


2023-01-23 Paint it black 虐待 退職

私と彼女は蘇生後脳症7日目の患者さんの清拭をしていた。
SATを進めており、覚醒を促すラジオからローリングストーンズのPaint it blackのイントロが流れた。
ル〜ル〜ル〜ル〜ル〜ル〜ル〜 ル〜ル〜ル〜ル〜 ルルルル〜 ルルルル〜…
こう来たら言いたくなる太鼓の音
「ダツダツダツダツ!」
私はそう口に出した。
「え…なんですか…」
唐突にこういうことを言う人を気味悪がるか、引くという文化に生まれている私達。彼女の反応は優しいそれだった。
「お父さんとか聞かない?何て言ったっけ…(イーグルスだったかなあ…)」
そう、私は以前から彼女のお父さんについて話したくて機会を伺っていたのだ。それがこのキモい私のカウンターで攻撃できるとは。
「えー聞かないです」
うちの親も聞かねえよ…と思いながらも続けた。
「お父さんてどう言う人?」
彼女のお父さんは自衛隊の人であった。そして彼女は不倫をしている(同じ職場の子持ち男とだ、まあどこまでのあれかは知らないが、イチャこいたくらいはしている)。
あれはYouTubeだったか、性的に節操のない女が喋っていて、“お父さんに大事にされていない子って、自分を大事にできないんですって”と自分のことを省みていた。私は身近にいる不倫女にそれを確認したかったのだ。彼女のお父さんは彼女を大事にしていなかったのではないか、と。

「うちのお父さんはすごい虐待。パンツ一枚で外に出したり。とにかくすごく厳しい。」
出た虐待!外に出す、押し入れにしまっちゃう系は昭和平成あるあるだけど、言質とった!

彼女はこの3月で職場をやめる。人の顔色を伺う子だった。人の顔色を伺いすぎるゆえに、彼女は同僚評価を気にしていた。同僚に評価される看護師というのは、リーダーやPNSパートナーから好まれる看護師であって、仕事が早く時間管理のできる看護師である。患者さんを第一に考えていると時間なんていくらあっても足りないのだが。彼女が辞める理由は、この職場では、看護ができないからだと言った。パワハラ師長に怒られるのを気にしながら、本来リーダーができる経験年数と実務能力を持ちながらさせてもらえず、後輩に先を抜かれた(とは言わないが)。パワハラ師長の元でベテラン勢など含め何人も貴重な人材が辞めていき、後から入った人に教えられないこんな環境で看護などできないといった。私が患者さんを向いてる看護師は分かる、医者を向いてる看護師、看護師の方を向いてる看護師も分かる、患者さんを向いて看護をすることはやりがいにつながる、そうでないと苦しむ、と言語化できたのは看護師になって10年経ってからだった。もう次の職場は決まっている。地元最高!の彼女は地元の病院に就職した。そこで看護ができればいいのだが?今までの2:1ではない看護配置である7:1、15:1、30:1の職場でできるだろうか?

虐待は本当にいけないなと思った。



----


うちの夫に上記話をしてYouTubeで聴かせたら、ローリングストーンズは知ってるけどその曲は知らないって言われた。でも一度聞いたら忘れないよね、ってことには共感してくれた。昭和生まれ(私)と平成生まれ(夫)の違いだろうか?私はWikipediaでリーダーのブライアンがいかにも60年代のカウンターカルチャで死んでいったかを学んだ。ラジオはいいね。

つっこみ 先頭 表紙

2023-01-11 入院を経て

記録しておこう。
12/28 受診
妊娠9週4日で受診時、心拍が停止していた(稽留流産)。大きさは8週後半〜9週前半相当だった。症状は何も無かった。私はこの主治医の前でこのような宣告を受けたのが2回目であることを思い出した。前回は23週で腸閉塞で入院中だったので今回は不意打ちだった。なお、この主治医はこの病院で最も信頼できるが、それでもこうも続いたら色々思ってしまうのだった。私は「ああ、終わってしまったんだな…」と静かに悲しみの海に投げ込まれた。明日のこと、来週のこと、来月、今年のこと…を考えると、「ああ、私は流産したんだった…」と思い知らされる。エコーで見た魚からヒトになれなかったであろうシルエットを見て、その丸っこさを見て、こんなに可愛いのになあ…と思った。
12/29、31、1/1、2 仕事をする
年末年始に自然に排出する可能性もあったようだが、無いだろうと思っていた。でもあったらいいなと思っていた。
1/4 受診 
予定通り明日入院
1/5 入院 
夕方ラミナリア挿入
1/6 手術
夕方手術予定だったが、14時台に出てしまった。しかし最後のやつが剥がれかけで、血が止まらなくなった。ふらふらしてきて、血圧は65/40になった。点滴全開と下肢挙上で110/には上がったが急遽手術室へ行って処置をしてことなきを得た。輸血は免れた。ここは本来手術室じゃなくても、分娩(?)が始まれば、出血の対応など助産師の配置されている病棟管理であればこのような動きにはならなかったと思うが、この辺の実情は把握している。十分な対応であったと思う。
手術6時間後には食事可ということで21時に座って食べたが、途中でクラクラしたので循環血液量減少かHbの低下を感じた、やめた。採血はしていないが元々Hb14という優良体であるのでそれでも症状が出るというのは…と思い測ってみたかった。
1/7 退院 
夫と娘が病院の1階まで迎えに来てくれた。娘が私だとわかった瞬間に口を「あっ」って大きくして抱きついてきたのは本当に嬉しかった。まあ、2泊3日くらいの不在くらい、普段夜勤でいなかったりするので影響は無かったようだが。この日はこの後何をしただろうか覚えていない。夜は食べた後にクラクラして、消化の血流も足りないのか…と思った。ということはまず食べ、飲むことだと思った。
1/8
日曜なので私と娘が休みだった。夜には夜勤に出ないといけないが、頭も痛い。お試しに散歩に出て体調を試すくらいはできるかなと思った。幸せなことにポカポカと陽が出てきた。結局14〜17時散歩した。娘とスーパーのイートイン(パン屋)に行った。スキージャンプのTVがついていた。娘は雪が大好きなので、ずっと見ていた。「何歳になったらスキーできるかな!」と言うので、まあ、3歳でもやってる子はいるだろうけど私は寒いの苦手だし教える術もないし幼児とか怖い…と思いながら「◯◯ちゃんの保育園は、年長さんでスキー合宿があるんだよ」ってわくわくさせるように言ったら、本当に嬉しそうで、私もそんな保育園ってすごいなーと思って、この環境に乗れていることに幸福を感じたら、涙がドバッと溢れてきて止まらなくなった。これは女性ホルモンの乱高下が為す技だろうなと思った。以前も出産後は「感動しがち屋」になったから。これは、さすが小出産だったからか、次の日からはそこまでそう言うことはなかった(不幸に対してはいつでも泣けるが)。

ここで本当に書きたかったことは、ずっと小説が読めなかった私が今年は小説の年になれるか、今日はスタインベックが面白いということ…

つっこみ 先頭 表紙

2023-01-03 流産しましたので

浮かれて書いた後、割とすぐ心拍が止まってしまいましたわ。
9週だったので魚がヒトになれなかったのだなと。
娘を見るたびに、触る度に、生命ってすごいな…と改めて感じます。

来年度の人事こともあるだろうから年末までには言ったほうがいいだろうな、そもそも結構体調が仕事についていかないかつ被曝系の仕事もあるので、早めに上司に言ったり勘付いた同僚に言ってたので更に…。
3人産んだ人は大体流産経験があるようで教えてくれたりしました。倍は妊娠してたとかいう人も。
上司もパワハラ系上司ではありますが優しかったので良かった。
あとはやはり家族が。
夫にLINEで報告して優しく返事してくれたり帰ってから労ってくれたり。
もうそれだけでよかったです。
しかし感傷に浸らせてくれないのが子育てなのか。
3歳の娘には「赤ちゃんがお腹にいてつわりでしんどいから」と色々言い訳をしてきたので、もう赤ちゃんがいないことを説明しましたがその感情は全く通じず。納得できないのかなんでー、と聞くばかりです。

自然に出てくるのを期待して年末年始仕事をしていましたが出てこず。
年明けの受診で入院の予定です。
外来じゃないの⁉︎って思ったけど…そういうものならしういうものかと。しかも自分の病院なんで福利厚生効くからいいや、休めるしという発想(職員に気を遣わせることはあるだろうけど自分は気にしない方)。
同僚は外来でやったけど相当痛くて辛かったから入院でいいと思うってさ。

で家では娘のことと残ってるつわりのこととあと冬に耐えてて一日をやっと終えるという感じだし、仕事は本当に忙しくて。
12/31、1/1、2と仕事だったんですが、1/1までは頑張れました。
悲しいはずなのに、家族と仕事が忙しいと忘れられていいなとか思ったり。
でも1/2の朝はもう精神的にも参ってたのか今年もよろしくなんてやってる職員を冷ややかな目でしか見れず…流しで働ける日かなと思ったらやっぱり新しく仕事ふられて、その瞬間もう私何やらされてんだろう、と涙が出始めてびっくりした。やっぱり悲しかったんだなと。
1/4も仕事の予定で、外来受診にちょっと抜けて行くだけであとは働くつもりでいようと思ってたけど、メンタルが持ちませんって泣き言言って休ませてもらおうって決めました。
1/4以降の仕事は自然に出てこなかったら、と言う話で上司と話していたので、今日1/3電話して、メンタルのことは言わなかったけど受診、入院、手術になると思うので4、5、6の仕事を休みたいですと言ったら快諾してくれました。7、8は元々休みだったので、私は明日から5連休を手に入れた‼︎‼︎

私ももう37歳で、不妊かつ爆弾持ちなので採卵はもうしないつもりなんですね。となるとあろグレードの低い胚盤胞が3つあるのみで、希望薄だなと思ってます。不妊治療するとプライベートや精神がそっちに持っていかれるので人生停滞感がすごいし。落ち着いたらどこまでやるか考えたい。でも掻爬したら月経2周期は見送るというし、そうなると私の腸的に4月妊娠ー真冬出産とか危険なんですね。となるとまた半年見送り(これは自己判断ですが)。
もっと修羅の道の方もいると思いますが、なかなかしんどいな。

最近思っていたのが、こういう生活が続くと娘と向き合うということがなかなかできないなという感覚。ただでさえ共働き家庭(死語か?)。幸せかもなと思ったり。

とりあえずまた海外旅行に行きたいなあ。
今年は世界史を完了させるのも目標。
家族仲良くも。

つっこみ 先頭 表紙

もっとお若く生んでいらっしゃるのかな…と勝手に思っていたので少し勇気出ました。ありがとうございます。子供が欲しいけど妊婦生活は本当に嫌です。体調悪いし、好きな活動できないし、心配ばっかり。 / ヒポコトリ ( 2023-01-23 23:38 )
残念でしたね。私も1回おなかの子の心拍がとまってお別れしたことがあります。半年くらい悲しくて子供服売り場に紛れ込んだ日には息ができなくなったり。時が解決してくれるのを待つしかありませんでした。そして37歳ですか?私長女を授かったのが36歳なのでまだ次女を妊娠していませんわ。諦めるのはもったいない。けど無理しすぎることでもないと思います。まずはご自分を大切に、そして癒してあげてくださいね。 / 雅(みやび) ( 2023-01-04 23:44 )

2022-12-16 妊娠した

娘は3歳になった。子供のいる人生とは豊かなものである。
不妊の私は第二子という贅沢な夢を当初抱いていなかった。
が、受精卵も残っているので第二子に励んでいた。
それで先日妊娠し晴れて妊娠3ヶ月を迎えることができた。
娘と予定日が近いので丸4歳差になる。
順調にことが進みますように。


先程半日がかりのクリニック受診が終わり車のラジオで吉田拓郎の結婚しようよが流れていた。
昭和の結婚しようよってどんな感じだったのかな。
私が結婚をしようとする前、夫と付き合うか付き合わないかしていた頃、デートをするような男性は他に2人いた。
1人は大阪の人で、学生団体で知り合って何度か活動?してた人。大阪に帰ったということで、私は大阪のインターン?があったのか?、大阪で会うことになった。明確な好意を示してくれていたし、興味が近いし嫌じゃないなと思っていたが、話の中で他の女性の話になってデリカシーのない人だな、と思って気分悪くして帰った覚えがある。
もう1人は東京大学の医学生で学生向けの旅行で出会った。向こうは美術畑出身の私に興味を持ったようだったが、明らかにおつむの作りや半生が違いすぎて、楽しいけど居心地が悪かった。野心があればハイソサエティの仲間入りができた気がするが、無理が目に見えていた。私は地方へ引っ越し、東京旅行のついでに会ったが、下手な誘い方にそんな簡単に童貞の手伝いはできないと思って当たり障りなく帰った。月日は経って家族旅行で私の地方へ旅行に来たようで、本人とのみ少しお茶をした(両親も医者で、母親は体を悪くしていて、仲が良い一人っ子)。それ以上もそれ以下もない。
夫は職場で知り合い、一番近しい人間であった。

昔の記録を見ると、第一子を妊娠した頃はまあ夫と仲が良い。
仲が良いというかちゃんと恋人の延長線にいる。
今は子育てと仕事の毎日でそう言う感覚は無いな…と思う。
ちゃんと子育てしてくれて感謝である。
今はつわり…というかつわりのピークは過ぎてマシになってきたが疲れやすくて家では自分のことしかしてないがハラスメントもしてこないし感謝である。
娘は雪が降るのを心待ちにされているのと、お母さん大好きなのと、目がキラキラしている。

つっこみ 先頭 表紙

いつもコメントありがとうございます。残念なことになりました。17と20なんて脂が乗って華開く年頃ですね / ヒポコトリ ( 2023-01-03 18:38 )
無事に生まれてきてくれますように☆ 二人目は二人目の可愛さ、楽しさがあります。うちはもう17と20になっちゃいましたけど。 / 雅(みやび) ( 2022-12-18 19:04 )

2022-06-21 近況

1年ぶりくらいに書いてみる。
アメブロで子供ネタを、はてなブログで仕事ネタ・何か有益ネタを書いている。
結局本音(?)を書きづらくなって、本日戻ってきた。
(本音とは??自由ということか。)
最近の生き方ルーティン…
子供はもうすぐ3歳。面白いなあと思ったり、日々の生活に苦労したり。平日は基本保育園、土曜は英語行くから大体夜勤にしてて、午前フリーで遊んで(大体子供も疲れてるのか私に付き合って朝はゴロゴロしてくれる…唯一のゆるい時間)、午後英語行って、夕方親に預けて、夜勤行って、夫が親のところに迎えに行く。
日曜は夜勤明けでクッソだるいのだが、夫は仕事のことが多くて出ていき、それでも8、9時には稼働するかな…。日曜は子供の好きに時間を過ごすのでやっぱり喜びを感じる。バスに乗って公園行くとか…こないだは暑すぎたし24時からまた夜勤だったからベランダでプール出しただけだったけど楽しかったな。土日休みだと、ちょっとお出かけしてるかな。それでも遠くのプールとか、公園とか、たまあに幼児OKのコンサートとかイベントとか。
なんかかわいく育ってて感無量です(見た目は親にとってはかわいいレベル)。頭はいいのか?分からんけど、意欲に溢れた子だなとは思う。
がんで死んだはずのこの命、子育てまでできるなんて本当に…。もう一人欲しいけどこれはなかなか。
ほか、世界史を学び直してます。ゆげ塾と、コテンラジオと、もぎせかをYouTubeで毎日聞いてる。YouTube漬けになった。ジョーブログと、ヤマカイTVも好き。

お迎えでタイムアップだ!(保育園手前のコンビニで休憩中)

最近思うこと…
最近の周囲…

つっこみ 先頭 表紙

続きは?(笑) / 雅(みやび) ( 2022-07-24 23:36 )

2021-10-18 癌じゃ無かった

最大の希望@の予想を上回る、⓪手術も不要という結果でした。
もう、卵巣切除、抗がん剤(もしかしたらしなくてもいいかも)なんかのシナリオを予測してたので、夫を連れて大学病院の外来を待ちましたよ。12時枠だったけど外来の最後に呼んでゆっくり説明しますから14時か14時半に来て下さいと言われながら16時半に呼ばれた甲斐がありました。MRIも読影(放射線科の一番偉い人という説明…)で悪性初見なし、むしろ小さくなっていると。前回の印象だと大きくなって充実性になっていたので(しかもその後生理が来た時痛かった)とるものだと理解してましたがそうでもないんですね、と言うと採血でもマーカー(明細書を見るとCEA、αフェトプロテイン、CA19-9、STN、CA125、HE4)どれも上がってないし、PETも集積なしとのことで、チョコレート嚢胞だろうということで不妊治療もしていいとのこと。もう意外すぎて本当に嬉しくて、夫と診察室を出た後小声でよかった、よかった、と妊娠した人のように喜びました。夫に仕事休んでもらってかつ17時からの話し合いも間に合わないので休んでもらうことになったので良いコーヒーを奢ってあげようとしたら奢ってくれるというがしかし10万円配りたい気分だったので買いました。保育園の迎えが18時ギリギリになりそうで、帰ってご飯作って、か、と言ったらそういう気分でもないので外食することにしました。夜の外食は初めてかも?

先頭 表紙

2021-10-13 今日はMRI

先週の診察から数日後PET、今日はMRI。
その間に今月の生理が立派に予定通り来て、逆に安心しましたが。しかし最後か、最後から2番目かなと。とはいえ生理痛とは別に左下腹部痛がNRS1/10程度には持続していて、せいりえの刺激なのか、更に大きくなった卵巣の捻転なのか、分からないけど常に腫瘍の存在を知らされる嫌な知らせでした。それも昨夜から持続的ではなくなったので(生理6日目)、今日は少し気分も晴れました。世間は曇りですが。

痛みを忘れるときは子供の世話で気を取られてる時、それ以外は痛みがある。つまり安らぐ瞬間はなかなか無い、というのが病人というものなんでしょう。

昔、看護学校の実習で卵巣がんの浸潤のある方で体表から潰瘍がある方を受け持ったのを思い出します。そのまま退院というのも(抗がん剤などやることはやって、ということだったと思いますが)、ここまでの潰瘍では周囲の臓器も脅かされていき長くはないだろうとも感じましたし、東京だったからかオートバイで一人で帰られて、その駐輪場まで送った記憶があります。お一人暮らしの30、40代の女性だったと思いますが、交友関係や親族関係は分かりませんが帰ったら一人で、帰るのも1人というのもなかなか孤独な戦いだなと思いました。結局最後の時間を多く過ごすのは訪問診療・看護とか病院職員なのかなと思ったり。
私はまだまだ生きるつもりですが、家族も解雇されなさそうな仕事もあって子供という希望もあって、自分本位に考えれば幸せなものだなと思うものです。何より育った親元を離れられているというのは大きい。母親に心配されることがとても重荷だったので。娘には愛情とお金を残したいものです。腫瘍の遺伝子も残したかもしれませんが。でも娘はまあまあ賢そうな子なのでたくましく生きてくれるでしょう。

MRI終わり。今日は深夜勤務で10時に帰って11時にベッド入って13時に起きて13時半に出て14時半に病院着いて15:20の予約で15:45には会計に提出した。ブスコパン筋注した。喘息になったから今回は単純。多少熱くなったかなあ。腹減ったからコンビニおにぎり一個と温かいお茶買った。計算待ち。保育園の迎えは夫に頼んだので17時に家着くとしてちょっと早いから30分寄り道するかどうか考え…。でもその30分で道が混むのね。

先頭 表紙

2021-10-04 のその後

そして大学病院へ舞い戻り。
小さくなってるか問題ないでしょうとかで終わると想定していたが(否認の表れというか)、エコーで黒かった中身がまだらの白灰色となりサイズは変わらない。ウワー、と思った。とるとしても核出じゃとれなさそうなもので、全摘になると思うと。それは私の卵巣の終わり!!MRI、PETの予約が取れたので再来週再診となった。外来枠の最後にゆっくり話ってさ…。
最大の希望@卵巣は核出術で終わり、良性で、不妊治療を年末にでも再開できる。何なら仕事も3連休くらいで復帰できる。
次点A卵巣を全摘したが、良性。ホルモン補充で不妊治療ができる。(凍結受精卵があるので)36歳で更年期障害となる。
次B卵巣全摘、良性、更年期障害、不妊治療はできない
----------------------ここからシビア---------------------
C卵巣全摘、悪性、抗癌剤。数年後に不妊治療で第二子を授かる。
D仕事復帰できるが不妊治療はできずに終わる。
E体調悪く仕事ができない身となる。退職。就活しパート労働で収入月5〜8万程度。家のローンが払えない。
F色々あったが70歳までは自立して生きる
G色々あり55歳で亡くなる(子供20歳)
H残念ながら40歳で亡くなる。子供は夫と義母が育てる。子供には私に愛された記憶が残る。私の保険金が入り養育費には困らない。
Iこれ以下は言霊回避


人は希望だけじゃ生きられない、絶望も持っている、そのうち希望があるうち、買っているうちは生きていける、と最近読んだんですね。それで前回の日記の頃にやはり音つかなくなって手帳に希望と絶望を書き出したのですが、希望10(子供)-絶望6(病気の不安)って書いてました。今回もその下に書き足したけど、数字は同じでした、不思議なもので。

病院の待合では『自由を子どもに』って本を読んでたのですが、自分の主人にならせてあげて、っていう子育ての本なのですが。私は子供が育つのに不幸な現代である昭和末期に生まれ、それでも自分の主人であったことだけは確かだな、と思いました。病院の駐車場の向かう足取りで、ああ悲しいな、どうなるかな、でも私はこれから保育園のお迎えまでの自由時間を過ごすことも楽しみにしてるし、早く迎えに行って自由な子供を横で眺めていたいな、という喜びもあるし、とにかく19歳で卵巣癌になった後は人生おまけみたいなもので楽しんできたよな、と好きに生きてきた自分を振り返りました。たまたま田舎で足をつけてしまって子供もラッキーなことにできないはずの人間に1人授けてくれただけで本当に幸せで奇跡の子だなtp思っいながらいきなりステーキを食べました。

先頭 表紙

2021-09-11 悪い知らせ

子供は2歳になった。色々あるが私は充実して子育てしている。
不妊治療をしようと前回授かった婦人科に行った。また卵巣が腫れていて見送りとなった。60mm。定期検診の大学病院に半月前行って問題なしだったのに。40mmだか言ってたかな。内容は真っ黒で水分系だと思うのだが。血なのかな。心なしか今回の生理は卵巣が痛い。痛みは消えないのでふと不安になる。笑うながらも不安、はたらきながらも不安。子供といると気をつかうことがあるので忘れるのはいいことかな。
11月〜1月にも婦人科に行ってたが咳がとまらなくなって10万円くらい捨てたかな。本当すごい世界だ。その咳はコロナじゃなくて咳喘息ということで吸入薬をずっとすることになった。

先頭 表紙

女性に多いんでしょうか?病気は嫌ですわ / ヒポコトリ ( 2021-10-04 15:44 )
今の時期に咳喘息は辛いですね。私も乾燥とかストレスとかでよくなります。お大事に。 / 雅(みやび) ( 2021-09-15 17:07 )

2020-09-12 これ書いたらちょっと楽になった

なんかイライラ、攻撃的、厭世的。生理前かな。先月産後初生理が来た。来るまで泣いたりして困ってたが、生理が来て納得した。攻撃性が人にも向くし自分にも向く。人のSNSの子供とか見ててイライラしたりする。自分もいる今なぜそう感じるんだろうな。あとアメブロで昔読み始めた子育て記録ブログでもうちょっとこの人の女子感が苦手だと思ってやめてたのに最近読んでしまう。こういうの最近周期的に起こるから、本当ホルモンに乗っ取られるのやだ。子供は可愛い。明日、明後日と用事があるから最近完璧風の子の一日が乱されるのがストレス。夫が勝手に時間決めるからさ。11:30に受け渡しかつ談笑しに行くのに、菓子折も買えというので早めに出たら、最近朝寝せず11時に食べて12時に寝る子の1日をどうすればいいんですかね。しかも菓子折前日までに買おうと思ってて反対されてたのは生菓子を買え(自分だったら嬉しいから)ってことだったっぽいし。誰が2、4歳の家庭にケーキ差し入れるかね。明後日は楽しいお出かけだけど、きっと子の生態を分かってないから配慮ないだろうな。ある種の人は1日のスケジュールが変わるとパニックになるらしいけど、なんかそれみたい。普段は決まった1日がむしろ嫌だから、自分も子のために変わるもんだな。一日のスケジュールはこの1年本当に変えてきたなと思った。6、7時からコンビニに散歩してた時期もあったけど信じられない。今はまず飯だな。腹減ったって起こされる。でクラクラしながら用意して(だから今日は菓子パンを買った…)、食べさせて、自分も食べて、Eテレこの時だけはつけて、隣の部屋で食後の休憩で横になってると最近BlippiとかCatChatばっかり見てたから飽きて乗っかってこられて休憩できないなあと思う。昼寝3時間してくれるからありがたいけど。で頭がハッキリしないから久々に大物の読みたい本買っちゃった。世界の幼児期が入ってるトッドのやつ。楽天ブックスでマラソンで実質4000円で買えた。

先頭 表紙


[次の10件を表示] (総目次)